大会本部長挨拶

福岡県“One Health”国際フォーラム
実行委員会 大会本部長

福岡県知事 小川 洋

「福岡県 “One Health” 国際フォーラム2021」にご参加いただき、誠にありがとうございます。このフォーラムは、人と動物の共通感染症をはじめとするワンヘルスに係る課題について、各分野の関係者で共有し、アジアの玄関口である福岡から、世界へ発信していくものです。

ライフスタイルや自然環境の変化に伴い、人と動物の距離が縮まったことから、人と動物の両方に感染する共通感染症の流行や抗菌薬が効かなくなる薬剤耐性などの問題に対する意識が高まっています。現在、世界で猛威をふるっている新型コロナウイルス感染症は、この人と動物の共通感染症とされており、共通感染症は、人に感染する感染症のうち約6割を占めると言われています。

これら共通感染症の発生を効果的に予防していくには、人と動物の健康および環境の健全性はひとつのものであるというワンヘルスの理念に基づいた取り組みを推進していくことが重要であり、近年、世界的にその取り組みが進められています。

このような中、平成28年11月、本県において、「世界獣医師会-世界医師会 “One Health”に関する国際会議」が開催され、ワンヘルスの理念を認識する段階から実践に進むことをうたった「福岡宣言」が採択されました。本県としましても、医療、獣医療などの関係者と連携し、県民の皆さまにワンヘルスの理念について理解を深めていただけるよう、啓発イベントなどの実施や情報発信などの施策を推進してまいりす。

本フォーラムは、ウェブ配信を主体とした開催となりますが、公益社団法人日本医師会横倉名誉会長、公益社団法人日本獣医師会藏内会長の基調講演をはじめ、国内外の著名な専門家に多数ご参加いただいています。

本フォーラムを通じて、多くの皆さまのワンへルスに対する理解が一層深まることを期待しています。

PAGE TOP